草むしり

庭や家のまわりの草むしりは、真冬を除く年中行事
ですが、やはりこの季節の草むしりは堪えます。
比較的まめに草むしりをしているのでそれほど多く
の雑草が生えているわけではありませんが、それで
も1時間弱かかります。
草むしりと同時に伸びてきた枝なども気になって、
ついつい剪定をしてしまいますから作業時間は2時
間というところでしょうか。

当然、全身汗びっしょりになるので終わればすぐに
シャワーを浴びてビールで一杯といきたいところで
すが、神経痛の薬を飲んでいるので冷えた麦茶で心
身ともリフレッシュすることになります。
昨日は涼しかったとはいえ30度を超える温度に湿
度が加わるので、やはり体には厳しいものがありま
す。

来週はバラの剪定と芝刈りがまっており、まだ庭作
業は続きます。
それでも神経痛がよくなり、この季節でも体を動か
せることに感謝しなければならいでしょう。

酒を飲まない年になりそうだ

座骨神経痛(脊柱管狭窄症)は、神経根ブロック注
射(強烈に痛い)のおかげか驚くようなスピードで
快方にむかっていますが、神経痛のための薬は朝夕
飲まなくてはなりません。

当然ですが、お酒は飲めません。
これまで、これほど長期(すでに3か月近く)にお
酒を飲まない日々はなかったと思います。
それほど健康に恵まれていたということでしょうか。

今年は神経痛のため、さらに長期間薬を服用するこ
とになるでしょうから、お正月もお酒を飲めないこ
とになるのかもわかりませんが、神経痛の痛みを思
い出すと素直にお酒を飲むことを諦められるから不
思議です。

オールフリーなど馬鹿にしていたのにうまそうに飲
んでいる自分にあきれますが、神経痛の痛みは、自
分の意思を確立(お酒を飲まない)するには十分す
ぎたようです。

偶然を楽しむ

先週、成田へランチをするため出かけましたが、い
つものことですが時間調整が必要になり、これも普
段道りでしょうかさくらの山公園へいくことになり
ました。

偶然目にする航空機は南国をイメージするカラフル
なデザインが印象的。
どこかと思えば、ニューカレドニア

次に飛んでくる飛行機は、就航前トレーニング中の
日本航空A350

だから、偶然は楽しくて面白い。

梅雨明け前の夏空

梅雨明け前ですが、今日は、夏空の一部がのぞいて
きました。
散歩ができなかったうっぷんをはらしに公園へ直行
です。
しばらく公園とご無沙汰でしたので、まずはくんく
んとにおい嗅ぎからスタート。

やっぱり、ごろんごろんはやめられなーい!

言葉あって言葉なき社会

某社の社長会見に限らず、社会のあらゆるところで
言葉が発せられますが、「言葉あって言葉なし」と
いうのが、今の社会の特徴でしょうか。
だからこそ、言葉に魂がこもると人々に響くのでし
ょう。
私自身なかなかできませんが、常に言葉に魂がこも
る姿勢で生きていきたいものです。

雨が上がった、走りにいくぞ

雨が上がれば、さっそく散歩にでかけます。
公園に着いたら、さぁ、走るぞ!
さすがに今日は、長く雨が続き多くの犬が公園に集
まりはじめたので、ほかの犬の迷惑にならないよう
ほどほどのところで退散です。

今日もやってしまった!

不思議な天気

先日、成田市や八街市などでは、短時間に100ミリ
近い雨量となっていましたが、近隣の当地では晴れ
ていました。
なんとも不思議な天気です。

いわゆる夕立とは違い局地的、しかも極めて狭い範
囲で集中豪雨が発生するような天気は人生の中であ
まり経験したことがないと思います。
一言で言えば、ゲリラ豪雨ということなのでしょう
が、それにしては雨量がすさまじいばかりです。

私が直接的に知る範囲の集中豪雨は、長崎で発生し
た集中豪
です。
当時、先輩が長崎に出張しており、連絡が取れず事
業所で所長がひどく心配していたことが思い出され
ます。
福岡へ転勤した翌年の昭和57年でしたが、長崎の
急峻な地形に、場所によっては1時間180ミリ前後
の雨が降ったことで300名近い方々が亡くなられ
ました。

この災害は、梅雨末期に発生する典型的な集中豪雨
でしたが、この頃の記録的短時間大雨情報の多さは、
いつ自分の身に降りかかってもおかしくない状況で
しょうか。