アーカイブ

今、読んでいる本

直観の経営 野中郁次郎、山口 一郎(著) 残酷な進化論 更科 功(著)

暖かい朝

冬とは思えない朝でしたが、それでも冬の朝ですか ら澄んだ空気とともに冷たさが体を包みます。 今朝、富士山はみえませんでしたが、田んぼは光り 輝き冬らしい景色でしょうか。 マギーも暖かな朝の散歩を楽しんでいます。

冬の散歩は早足

今日は今季一番の寒さでしたが、冬の散歩のよい ところは、なんといっても早足。 寒いのですぐに早足になりますし、1時間も散歩 すれば、その距離は春や秋の1.5倍くらいになるで しょうか。 里山や田んぼの散歩は、四季折々の景 … 続きを読む 冬の散歩は早足

休耕田の枯れすすき

この季節になると田んぼは農閑期となり、比較的自 由にあぜ道を歩くことができます。 稲刈りまでの田んぼで近づけなかった場所へいくこ とができるのも晩秋や冬の散歩のよいところでしょ うか。 私の背丈以上に伸びた休耕田のすすき … 続きを読む 休耕田の枯れすすき

カラスウリは冬をよぶ

里山にカラスウリがみられるようになると、秋は自 分が感じているより深くなっているものです。 それでも赤く熟れた実のときは暖かな天気が続き、 田んぼや里山を歩くにはよい散歩日和でしょうか。 カラスウリの実が枯れてくると本格 … 続きを読む カラスウリは冬をよぶ

尊敬される人

尊敬できる人はいますかと、訊ねられて何人尊敬で きる人がいるかと、しばし考えてしまいます。 テレビでみる顔ぶれは、多くは尊敬にほど遠い人た ちでしょうか。 テレビの中で一度だけ一般人で尊敬できる人がいま したが、今でもし … 続きを読む 尊敬される人

偶然は、いつも楽しい

やっと脊柱管狭窄症の治療が終わり、好きな田んぼ の散歩へ出かけることができるようになりました。 今年は歩けなかったのでほとんど田んぼの散歩をし ていませんでしたが、田んぼはすでに冬支度のよう です。 それでもちょっと田ん … 続きを読む 偶然は、いつも楽しい

散歩道も水没

いつも散歩する田んぼの農道が水没し車3台が放置 されたままになっています。 まるで湖のようになっていますが、当地に住んでは じめての光景でしょうか。 少し離れた場所はテレビのニュースにでていました が、水位の高さからして … 続きを読む 散歩道も水没

パン屋はどこ?

伊豆に美味しいパン屋さんがあるということで旅の 途中に立ち寄ることにしました。 ナビが狂ってしまうほどの迷路。 道は狭く、複雑に入り組んでいるうえにお店がわか らない。 パンの職人さんに会わなければ、せっかちな私たち は … 続きを読む パン屋はどこ?

今度もご近所だが

明日、この地で台風が上陸するようだが、またご近 所を通過してくれそうです。 先月のご近所とは規模が違いすぎるように思えて、 15号以上に片づけをはやめ、さらに窓には養生テ ープで補強をしていますが、何分、通過するまでに … 続きを読む 今度もご近所だが

ご近所を通過

人生で最も大きな規模の台風でしたが、それもその はず、ご近所を通過していました。 まるで映画並みの迫力。 大概なことでは起きたりしない私たち夫婦ですが、 さすがに4時前に起きてテレビを確認し、外を眺め てみると、猛烈のひ … 続きを読む ご近所を通過

草むしり

庭や家のまわりの草むしりは、真冬を除く年中行事 ですが、やはりこの季節の草むしりは堪えます。 比較的まめに草むしりをしているのでそれほど多く の雑草が生えているわけではありませんが、それで も1時間弱かかります。 草むし … 続きを読む 草むしり

酒を飲まない年になりそうだ

座骨神経痛(脊柱管狭窄症)は、神経根ブロック注 射(強烈に痛い)のおかげか驚くようなスピードで 快方にむかっていますが、神経痛のための薬は朝夕 飲まなくてはなりません。 当然ですが、お酒は飲めません。 これまで、これほど … 続きを読む 酒を飲まない年になりそうだ

偶然を楽しむ

先週、成田へランチをするため出かけましたが、い つものことですが時間調整が必要になり、これも普 段道りでしょうかさくらの山公園へいくことになり ました。 偶然目にする航空機は南国をイメージするカラフル なデザインが印象的 … 続きを読む 偶然を楽しむ

梅雨明け前の夏空

梅雨明け前ですが、今日は、夏空の一部がのぞいて きました。 散歩ができなかったうっぷんをはらしに公園へ直行 です。 しばらく公園とご無沙汰でしたので、まずはくんく んとにおい嗅ぎからスタート。 やっぱり、ごろんごろんはや … 続きを読む 梅雨明け前の夏空

言葉あって言葉なき社会

某社の社長会見に限らず、社会のあらゆるところで 言葉が発せられますが、「言葉あって言葉なし」と いうのが、今の社会の特徴でしょうか。 だからこそ、言葉に魂がこもると人々に響くのでし ょう。 私自身なかなかできませんが、常 … 続きを読む 言葉あって言葉なき社会

雨が上がった、走りにいくぞ

雨が上がれば、さっそく散歩にでかけます。 公園に着いたら、さぁ、走るぞ! さすがに今日は、長く雨が続き多くの犬が公園に集 まりはじめたので、ほかの犬の迷惑にならないよう ほどほどのところで退散です。 今日もやってしまった … 続きを読む 雨が上がった、走りにいくぞ

不思議な天気

先日、成田市や八街市などでは、短時間に100ミリ 近い雨量となっていましたが、近隣の当地では晴れ ていました。 なんとも不思議な天気です。 いわゆる夕立とは違い局地的、しかも極めて狭い範 囲で集中豪雨が発生するような天気 … 続きを読む 不思議な天気

青空のもと、ごろんごろん

今日は青空、さっそく散歩だ。 これまでのうっぷんを晴らすように、ごろんごろん。 妻に怒られるが、しょうがないか。 だって、楽しそうなんだから。

今日は、小山をひと走り

今日は、公園の小山をひと走りしました。 その前に、刈り取られたばかりの芝生の上で、ちょ っと失礼。 公園を走り抜けた後、小山でもうひと走り、誰もい ない公園はマギーの運動に大変よい場所でしょうか。 今日も快調です。

経営学

働きがいのある会社 斉藤 智文(著), Great Place to Work Institute Japan (編集) 【注意点】 自分で気になる本を気ままに読んでいっただけで、 分類等も私が勝手にしていますので、世間 … 続きを読む 経営学

梅雨の晴れ間にもうひと走り

今日は朝から晴れていたので、いわゆる梅雨の晴れ 間でしょうか、さっそくマギーと公園へ行ってひと 走りです。 散歩不足を解消するには、公園での放牧(自由に走 る)は最高の運動でしょうか。 私も足の自由がきかないので、この公 … 続きを読む 梅雨の晴れ間にもうひと走り

梅雨の合間にひと走り

今日はめずらしく朝から晴れていましたから、すぐ にマギーを連れて散歩へ出かけました。 しばらく梅雨空が続いていましたので、マギーは公 園に着くなり車の中で大騒ぎ。 マギーは公園が理解できていて、おもいっきり走れ るのでわ … 続きを読む 梅雨の合間にひと走り

梅雨空前のひとっぱしり

今日は梅雨空になる前のひとっぱしりでしょうか。 先週の木曜日以来ですから、マギーはよく走ります。 余程楽しいのか、ゴロンゴロンとよくころがりますが、 カットしたばかりの体もなんのその飼主の気持ちなど おかまいなし。 私の … 続きを読む 梅雨空前のひとっぱしり

お酒が飲めない生活

この3週間ほどお酒がない生活をしていますが、神経痛 で薬を飲んでいるので仕方がないことです。 もっとも、日ごろから週に2日程度飲むだけですからど うってことないのですが、それでも飲めないという精神 的なものは、気持ちに余 … 続きを読む お酒が飲めない生活

今日の散歩はむし暑い

二週間ほど坐骨神経痛のため散歩をしていませんでした が、昨日くらいから痛みがやわらいだので今日はマギー と散歩するために公園へ出かけました。 普段は徒歩でいくのですが、まだ痛みに不安があるので マギーを車に乗せて公園へい … 続きを読む 今日の散歩はむし暑い

経営学

新版 キャリアの心理学 渡辺 三枝子 (著) 会社と個人を元気にするキャリア・カウンセリング 金井 壽宏 (著) 【注意点】 自分で気になる本を気ままに読んでいっただけで、 分類等も私が勝手にしていますので、世間の常識 … 続きを読む 経営学

社会学

民主主義と教育〈上〉 J. デューイ (著), John Dewey (原著), 松野 安男 (翻訳) 民主主義と教育〈下〉 J. デューイ (著), John Dewey (原著), 松野 安男 (翻訳) 【注意点】 … 続きを読む 社会学

社会学

知的複眼思考法 苅谷剛彦(著) 【注意点】 自分で気になる本を気ままに読んでいっただけで、 分類等も私が勝手にしていますので、世間の常識 と違うものが多数あると思います。 また、書評を書く能力はありませんので、各人で 読 … 続きを読む 社会学

社会学

だれのための仕事 鷲田 清一 (著) 非正規雇用改革 鶴 光太郎 (著), 樋口 美雄 (著), 水町 勇一郎 (著) 世界の若者と雇用 〈OECD若年者雇用レビュー:統合報告書〉 濱口 桂一郎 (監訳), OECD ( … 続きを読む 社会学

新たな日帰り温泉

この5月、近くに日帰り温泉ができましたので、さっそ くいってみました。 この温泉、この地から近いのですが、山の中で少々不便 なところにあり、人が少なくゆっくりと温泉につかれる だろうとでかけました。 期待通り、ゆったりと … 続きを読む 新たな日帰り温泉

哲学

武器になる哲学 山口 周(著) 弱いつながり 東 浩紀 (著) 九鬼周造 藤田正勝 (著) 心という難問 野矢 茂樹 (著) 熊楠の星の時間 中沢 新一 (著) 働くことの哲学 ラース スヴェンセン (著), Lars … 続きを読む 哲学

公園の景色は様変わり

今日の散歩も公園を選択しましたが、途中はなかなか歩 かなくて大変です。 それでも公園へ着けば、常にクンクンタイムか、猛ダッ シュ。 今日の公園はシロツメクサなどがきれいに刈り取られて 芝生が復活していました。 公園は金曜 … 続きを読む 公園の景色は様変わり

今日は公園を走る

今日の散歩は公園へいってきましたが、私と二人でいく ときはマギーに行先を決めさせています。 今日も田んぼかと思いきや公園を選択しました。 それでも途中で歩かなくなり大変ですが、公園に着いた 途端、軽快に走りだします。 公 … 続きを読む 今日は公園を走る

お互い田んぼ好き

マギーとの散歩は日課ですが、この頃はこれまでの散歩 コースを拒否するようになりました。 この時期、これまでのコースは富士山も見えなくなり、 少しわくわく感がなくなりましたから丁度よいのですが、 歩かなくなったのはちょっと … 続きを読む お互い田んぼ好き

飛行機は出発ラッシュ

成田は成田山新勝寺と成田空港のおかげで小さな町です が、町全体が華やかな感じでしょうか。 外国の人たちも多く、当地の日常とは随分違います。 成田へいけば、大きなホテルがありランチビュッフェな どを気軽に楽しむことができま … 続きを読む 飛行機は出発ラッシュ

五月の風は心地よい

五月の風はこの地(佐倉)でも心地よく流れていますが、 この季節、中目黒でも新緑の間を吹いてくる風は気持ち よいものです。 連休中、目黒川沿いは相変わらず人で混んでいましたが、 それでもお花見の季節よりは、はるかに少ない人 … 続きを読む 五月の風は心地よい

神秘の田んぼが蘇る

今年も田んぼに水が引かれ、この地の田んぼは、 一面湖のような景色が出現しています。 私にとってもっとも輝く情景でしょうか。 この神秘の田んぼは、ひと月もすれば消えてし まいます。 まさに心躍る一瞬の光景!